貸切バス事業者安全性評価認定制度について

高岡交通は、令和元年12月に日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の二ツ星を取得いたしました。
この制度は、貸切バス事業者の安全確保に向けた取り組み状況について評価認定し公表するもので、運転士の安全教育・適正診断・健康管理、車両点検・整備の実施などの評価基準を満たしていたことで認定されたものです。
これからも安全に対する取り組みを徹底し、安全・安心・快適なサービスを提供し続けてまいります。

安全への取り組みについて

高岡交通株式会社は、旅客輸送の社会的責任の重さを自覚し、『輸送の安全確保』のため、安全を最優先し、法令を遵守し、日々改善を重ね、経営トップをはじめ全従業員が一丸となって『輸送の安全確保』に取り組みます。

高岡交通株式会社 安全方針

「安全運転第一・法令遵守」

安全運転を第一と心がけ、法令を遵守していく

輸送の安全に関する基本的な方針

  • 社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たすとともに、全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
  • 輸送の安全に関する「PDCA(計画・実行・チェック・改善)」を確実に実施するとともに、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全向上に努める。
  • 輸送に関する情報については、積極的に公表する。

輸送の安全に関する重点施策

  • 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底する。
  • 輸送の安全に関する教育及び研究を積極的に実施する。
  • 輸送の安全に関する費用の支出及び投資を積極的かつ効率的に行う。
  • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において情報を伝達・共有する。
  • 輸送の安全に関する教育及び研修の計画を作成し、適確に実施する。

輸送の安全に関する目標及び達成状況

2019年度 達成状況
 目標  重大事故件数 0件  実績 0件
     車内事故件数 0件     0件
     物損事故件数 0件     1件
     自損事故   0件     1件(軽微なもの含む)
     飲酒検知件数 0件     0件

2020年度 安全目標
 目標  重大事故件数 0件
     車内事故件数 0件
     物損事故件数 0件  
     自損事故   0件  
     飲酒検知件数 0件 

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  • 安全方針に基づいた運転
  • 飲酒運転の根絶、シートベルト着用の徹底、薬物禁止、ながら運転の禁止
  • 年間教育計画に基づいた乗務員教育
  • ドライブレコーダー・デジタルタコメーター全車導入